採用が決まった企業に辞退する時のマナー

就職難と言われて数年が経つ現代ですが、確実に就職を決めるために複数の企業の入社試験や面接を受けることは珍しくありません。その分、せっかく採用が決まっても入社を辞退しなくてはいけなくなる場面も出てくると思います。
それはある意味仕方のないことですが、気をつけたいのは入社を辞退することになった企業でもこの先自分の就職しようとする企業とどのようにつながっているかわかりません。一人の社会人として、相手の企業に失礼のないように辞退の意思を告げるという事は言うまでもありません。
最近では、メールにより“一身上の都合”として入社の辞退を伝える人が増えているそうです。
それ以上の連絡はせず、メールのみで終わりにしてしまうといった事は、社会人としてもその常識を疑われます。
また、ひどい人になると、入社の当日に出社せずに辞退を告げる人、入社日に出社しないので連絡の電話を入れると、その家族から入社辞退の件を告げる人など、実際におられるようです。
気をつけなければいけないことは、入社日までに何らかの契約書を交わしていれば、その日から雇用契約は成立していることとなり、企業側も雇われる側も、勝手に契約を解除することはできず、場合によっては採用経費としての損害賠償を請求されることもありえます。

それでもやっぱり基本は、辞退するならそれがわかった時点でなるべく早くということです。
また、辞退の理由についても聞かれるとは思いますが、一身上の都合や自分の体調不良、親の介護などを挙げる方が多いそうですが、担当者にすればある程度は嘘であることも予想はつきます。
できれば、他の会社に勤務することになったなど、正直に話すのが一番だと思います。
それに加え、採用をいただいてありがとうございましたというお礼の言葉と、お手数とっていただきながら辞退となることを申し訳ございません、というお詫びの意思を伝えるという事も大切です。

Read More

採用を辞退するときのメール

就職難の時代に採用を辞退することは本当に贅沢な気がしますが、予想外のところから内定をもらい、仕方なくお断りをした経験は何度かあります。
第一希望の就職先に採用されるのは本当に困難だから、転職するときなんかは、10社、20社とたくさん応募するのは普通のこと。私も転職するときは実際に何通も履歴書を出しました。すべり止めにしていた企業から内定をもらっても、どうしてもその会社に自分で決められないことがあったりしました。そういう時は、ものすごく丁寧に辞退のメールを出します。
とても大手の会社への辞退はメールでなくて手紙とか時には電話の場合もありますよね。転職より新卒採用の時のほうが、辞退に関して言うなら周囲から厳しくアドバイスを受けました。
そのような辞退のメールにも、親切に返信はしてくれます。
怒ったメールをもらったことはありません。急な辞退はあまりに失礼だと思いますが、私も礼儀のある範囲でそのようなメールはしているので、円満解決しているつもりです。
辞退のメールの文章は失礼の内容にネットでよく調べてから書きます。
転職サービスのサイトには採用を辞退するときの方法やメールの書き方まで載っているので、自分なりの情報収集は必要です。

初出勤日に採用を辞退してきた例を知っていますが、決断が遅すぎていろんな人に迷惑を多少なりとかけていました。採用の合否を決めるのは簡単かもしれないですが、実際雇用するとなると事務手続きや備品・設備の用意など会社の役員だけでなく、事務の準備をする人が動くからです。
それをゼロにするっていうのは、会社にとっては損害にあたるので要注意しなければいけないことです。
そんなことまで考えてしまうと辞退する勇気もなくなってしまうかもしれませんが、とにかく、失礼があるかもしれなかったり、相手に迷惑がかかるかもしれにない場合は早めの対応しておくことが大事ですね。

Read More

採用されたけど辞退したいときは早めに

いくつもの企業の面接を受けるけどなかなか内定がもらえないというかたも多いと思います。
中には、いくつも面接を受けていて内定がいくつかもらえた時は、そのなかから検討してせっかく採用していただいた会社に辞退をすることを伝えることが大切です。
企業は人材がほしいから内定をしたので、早めに連絡をすることで、他に内定をだすこともできます。
電話では、低調にお断りをすることが社会人としてのマナーです。
なかにはお断りもしないままでいると、入社の準備も進められてしまうことになるので、急にやめるというのは社会人としては失格ですね。せっかく内定をくれたのにお断りをするのはとてもしにくいことだと思いますが、社会に出ると、もっと厳しいことがあるのできちんと話すことが大事なのです。

会社は、やめた人材の代わりとして内定をだすので、面接の時にここだけしか受けてませんと言わずに、他に受けているところがあれば、正直にいうことが大切なのです。
いくつも受けているからといって合否にかかわりがあるということはないので、きちんというべきことはいうことが社会として大切です。
合否の判定は、会社によって、かかる日にちも違うので、面接の結果をまっている間でも企業の面接を受けることがいいですね。一社受けて結果を待つと時間も無駄になるので、受けたいところがあればどんどん受けるといいと思います。
判定前にやっぱりやめたいと思ったかたは、即電話をすることが大事です。

Read More

採用の内定の辞退と難しさについて

私はある会社の採用を辞退したことがあります。
就職活動で2つ採用を内定して下さった会社があったのですが、どちらを受諾するか決めて数日後に辞退する会社に電話しました。電話をした時に感じたのは、採用の内定を辞退するというのは会社にとってとても残念なことであるということです。
電話をするまでにかなり緊張してしまい、なかなか電話することができませんでしたが一度、心の中で辞退すると決めた以上はしっかりと相手に電話で伝えるしかないと思い、電話しました。大学の学生の就職を支援しているセンターの人からの助言で、電話で辞退するだけでなく手紙も後日送りました。
友達とこの前、就職について話しましたが、複数の採用の内定をもらった友達は辞退の経験がありました。人事の方はほとんどの会社で残念そうに辞退の旨を聞いてくれるようで、本当に申し訳ないという気持ちになったという人が多かったです。
複数の採用の内定をすべて受諾することができればいいのですが、実際にはその中で自分がどの会社に行きたいかを決めなければいけないので何とも言えない思いがこみ上げてきます。
採用の内定を出してその中から一人でも辞退すれば、会社は再び採用に向けて活動をしなければいけません。
しかし、一人で複数の会社で働くことは難しいので採用の内定を出した会社も、複数ある採用の内定を出してくださった会社から一社を選び受諾する学生もお互い、大変だなと就職活動を通して感じました。

Read More

新卒採用された会社を辞退した

私が大学生だった2000年は就職氷河期と言われた時代でした。とにかく求人が少なくて、自分が希望する職種や待遇の会社がなかなか見つからずに苦戦しました。私は4回生になってから就職活動を始めましたが、早くから準備をしていた友人からは「遅すぎるんじゃない。早い子は3回生の秋から活動を始めているよ。」と言われて驚きました。名前の知られている会社の面接を受けても採用されず、就職できないのではないかとだんだんと焦ってきて、とにかくどの会社でもいいから採用されたいとまで思うようになりました。そのためエントリーシートを手当たり次第に送りました。おそらく50社以上に送ったと思います。
しか面接までに至ったのはわずか6社でした。何だか自分を否定されたようでとても落ち込みました。
しかし気持ちを入れ直してその6社の面接は気合を入れて挑みましたが、全て不採用でした。この結果に私はこの世の終わりというぐらい落ち込み、家に引きこもりました。
両親も心配して「就職できなくてもアルバイトでも何でもしたらいいよ。それか早く結婚して子供を作ったらいい。」と慰めてくれましたが、私は正社員として就職したいので、アルバイトも結婚も望んでいないと親に八つ当たりしました。将来の展望が見えなくて不安と心配で泣いてばかりでした。本当にこの時期のことを思い出すと、今でも胸が張り裂けそうになります。
そんな辛い時期を何ヶ月も過ごして、やっとある会社に採用されました。
しかし待遇面が悪くて私の全く興味の無い職種だったので、本当に就職して良いのかとても悩みました。とにかく就職できれば良いと思っていましたが、実際はやはりそうはいかず悩んだ結果辞退させてもらいました。嫌々働くことはどうしても出来ないと判断したので後悔はしませんでしたが、また就職活動のやり直しだと思うと暗い気持ちになりました。結局大学の卒業前に父親の紹介で機械メーカーに口を聞いてもらって入社出来ましたが、就職活動の大変さを身を持って学んだ1年でした。

Read More

採用と新卒の強みについて

採用では新卒であることが重要な要素であることは間違いありません。育てられる余地があるのが新卒であり、既卒はすでに出来上がっていることを求められるので、新卒ほど就職環境が恵まれている人はいないはずです。今が就職氷河期だとしても、新卒の求人はある程度確保されているので、既卒ほど深刻でないのではないでしょうか。採用も新卒から優先的に採用したいと思います。自分の思うように育てることができるので、新卒ほど扱いやすい人材も居ないはずです。新卒の求人数が少ないと嘆いている人もいるかと思いますが、既卒よりも恵まれているということをもっと考える必要があるのではないでしょうか。既卒となった今、就職環境は新卒採用を目指していた頃のほうが恵まれていると強く感じています。新卒採用を目指している人は、自分の置かれた環境と既卒の現状をもっとよく知ってほしいです。そうすることで、新たな就職活動方法が見えてくるのではないでしょうか。

Read More

新卒採用する企業について

昔は、どこの企業も毎年同じ時期に新卒者の採用というものを行っていたかと思います。景気が良い時代は、学生が企業を選べるという、今では、考えられないとても良い時代でした。新卒者の採用数が応募数を上回るということもありました。しかし、この不況ですから、今ではそのような毎年多くの新卒者を採用する企業もどんどんと減ってきております。今まで、毎年採用していた新卒者を半分程度の人数まで減らしてしまったり、新卒者を0にしてしまう企業もあるようです。その代わりに、即戦力となる中途採用を増やす企業も出てきているようで、昔と今では、本当に大きく採用の仕方も様変わりしてしまっております。ただ、中途採用というケースも大きく増えているわけではございませんので、安心はできません。昔のように、毎年、新卒者を一定数企業が採用できるような社会に戻ってくれれば、日本の経済全体としても、大きく変わっていくのでしょうが、なかなか難しいようです。

Read More